FC2ブログ

みんなのテニス

松岡修造 in 福山

2月6日(日)待ちに待った『修造チャレンジ』の日が来ました


開演30分前には、もうこの長蛇の列でした。



800人の中から選ばれた参加者が続々とやって来ました。


  


  


  


  


 


そして、唯一『修造チャレンジ』に参加する長岡さんも来ました。



キッズクラスは、風船やトランポリンを使った楽しいレッスンでした。


 


ジュニアクラスは、ボレー、ストローク、サーブのショット練習をデモンストレーションをしながら


熱く指導されていました。


  


子供達も頑張りました


  


  


  


  


 


そして、いよいよ出番が近づいて来た長岡さん


先月一通のメールが届きました。



ガットもバッチリ張り替えて、この日の為にシューズも買い替えました。



そして、修造Tシャツに着替えて  いざ出陣



松岡プロのサーブをリターンして、返ってきたショートボールを



  んと アプローチしてネットへ・・・・「スプリットステップ」らしきものはしたぞ 


ボレーで決められるか 



残念ながらネットは越えませんでした。


その後、応援団と仲良く記念撮影をした後、



感想を聞いた所『チョー緊張してあまり覚えていません』との事でした。


(後日、生徒紹介ブログで詳しくお聞かせ頂く事になりました)


トークショーが始まりました。



まるで観音様を見つめるような皿海君の先には(この日は傾いていませんでした)


 


美しい  しゅうぞう様〜


最後のお楽しみ抽選会の時間になりました。


ラケットだけは、修造様が読み上げた後


3秒以内に手を上げないと権利無しになるというルールでした。


みんな真剣に抽選券を見ていました。


 


そして『スリーハンドレッド トゥエンティー セブン』と、館内に響きました。


が、3秒以内に手が上がらず「327」番の人は貰えませんでした。


ところで私の番号は?よーく見ると惜しかったみたいです。



きっと最後が『ファイブ』でも3秒以内ではを上げられなかったと思います。



本が当たった ちえちゃん


『握手してもらいました。大きい人だった。』


そのツーショットを撮影しようと同伴したパパでしたが、


スタッフの人に止められたそうです



大勢の参加者の中で唯一ピンクのジャージで目立っていたさつきちゃん


『周りが中学生だったので緊張しました。ボールが早くて難しかったです。


これからもっと頑張ります』


『娘にとってとても貴重な体験ができたと思います。


修造さんはテレビで見るのと同じで、とても元気で熱い人でした』


(お母さんの方がやや興奮気味でした



(お父さんのDNAをしっかり受け継いでいます)


ラッキーにも松岡プロに球出しをしてもらった赤松君


『ただの球出しなのに、その球にラケットが押されてしまうほどの勢いが有りました。


本気の球ではないけれど、プロの球に極一端触れることが出来て嬉しかったです』


 


来場したテニスファンは間近で『松岡修造』の熱いパフォーマンスに感激したと思います。


これからもがんばりましょう!              レポーター 河野 理恵 でした。


 


番外編



何十年ぶりの習字


『岡』と『が』の字が難しかったです

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://forestcoast.blog.fc2.com/tb.php/195-87c38b79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)