FC2ブログ

みんなのテニス

知的にイメチェン大作戦

関西人の悲しい性か


笑いを求めすぎ、私生活を暴露するたび


イメージダウンしている感がある緒方ですこんにちわ


今回は過去の遺物を引っ張り出して


知的なイメージアップを狙いたいと思います


 


さかのぼること●年前


大学生のワタクシは卒業論文を書いておりました。


テーマは『テニスラケットとボールの衝突軌道解析』


「どんだけテニスやねん


という突っ込みもいただきましたがその話は置いときます


 


皆さんはインパクト時のボールとラケットを見たことがありますか


実はこんなことになってます



注目すべきは右側です。


ストリングが移動してるのがわかりますね


インパクト後には元の位置まで戻るのです


この戻る際にボールに回転が加えられると考えられています。


打った後ズレたままの状態を見たことありますよね


古くなったストリングは戻りにくくなります


  =回転がかかりにくくなります



そしてこちらがストリングの太さとテンションによる違い


回転はスライス回転だと思ってください。


細かく説明すると長くなるので省きますが、


簡単に言うと


「細いストリングを緩く張った方が回転がかかりやすい」


ということです


(ただし単位時間あたりの回転数なので・・・以下略)


もっとディープな説明を聞きたい方がいればご一報ください


ちなみに当時スピン大好きだったワタクシは


ほそ〜〜〜いストリングに手を出したものの


1日で切れてしまって断念しました


それでもやっぱり細いストリングを使いたい方には



昔サンプラスがカチカチやってるところをよく見ました


すぐ切れて困っている方はお試しください


 


回転を増やす方法は他にも考えられていて


インパクト時のストリングの移動量を増やすために


ストリング同士のすべりをよくしたり、


ボールとストリングの摩擦を大きくしたストリング


(いわゆるスピンガットですね)もあります。


スピン大好きな方は一度お試しください


 


いろいろ書きましたが張替えの際に参考になれば幸いです。


やっぱりよくわからないという方は担当コーチに相談しましょう


あなたのプレースタイルを知っているコーチが


最適なストリングをお勧めしてくれます


 


これからもテニスライフを楽しんでいきましょう

スポンサーサイト



コメント

Unknown

参考になります!

テニス関連のことを卒論で書くというのも
あるんですね~。

  • 2009/02/20(金) 19:04:13 |
  • URL |
  • テニス王子 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://forestcoast.blog.fc2.com/tb.php/95-b1260815
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)